ねこのきもち

好奇心は猫を…?ミイラ取りの猫がミイラになった目薬事情【連載】ねこ連れ草 310話め

2024年5月21日

  • 野次馬心が抑えられない猫


    「ねこ連れ草」310話め

    かんたろうはうずらより先に、お薬の時間が毎日ありました。
    病院に行くのもうずらより頻度が高かったので、嫌なことは自分ばかり…と思っていたかもしれません。

    そんな日々の中、うずらも通院と目薬タイムの開始。
    おやおや、うーネェさんも?

    お薬タイムの先輩として、付き添ってくれてました(うずらは望んでませんが…笑)
    その後、自分の番が来るのにうーネェさんの付き添いは欠かせないのでした。


    登場人物



    仁子(じんこ)
    福井県出身のイラストレーター。
    色彩、表情にこだわった物語性のあるイラストを得意とし、雑誌、書籍、雑貨など幅広いジャンルで活動中。
    愛猫である、うずらとかんたろうの日々を描いた著書『ねこ連れ草 うずらとかんたろう徒然ニャッ記』を出版。
    ・ブログ Chromaket(くろまけっと)
    ・X(旧ツイッター):@jinko_yy



    ねこ連れ草 うずらとかんたろう徒然ニャッ記

  • 記事一覧に戻る