ねこのきもち

猫のやる気アップに効果的? 幸せホルモン「ドーパミン」を増やす方法

2024年5月16日

  • ドーパミンやセロトニン、オキシトシンなどの幸福感や喜びをもたらす神経伝達物質やホルモンのことを、一般的に“幸せホルモン”と呼びます。人の話題で耳にする言葉ですが、猫にも当てはめることができるのだとか。

    そこで今回は、“幸せホルモン”と呼ばれるもののなかから「ドーパミン」をピックアップし、その特徴や分泌量を促す方法(※)などについて、愛玩動物看護師の小野寺温先生にお話を伺います。


    ※猫の“幸せホルモン”についてはあまり研究が進んでいないのが現状ですが、人の研究からわかっていることをもとに分泌法をご提案します。


    “幸せホルモン”のひとつ「ドーパミン」とは


    MIX(白)の雪月ちゃん

    ドーパミンは、脳の側坐核(そくざかく)という場所が刺激を受けることで分泌される、やる気のもととなる神経伝達物質です。

    目標を達成したときやチャレンジに成功したとき、何らかの報酬を得たとき、ほめられたときなどに分泌され、うれしい、楽しい、幸せといった感情をもたらすだけではなく、またその感覚を得ようと前向きな気持ちにさせ、意欲的になって集中力を高める働きも。

    さらに、多くの生命活動に関わっているとされ、感情、記憶、思考、理解など、脳の機能にも関係していると考えられています。

    続きを読む